クオリティの高い翻訳会社の選び方

クオリティの高い翻訳会社の選び方について

クオリティの高い翻訳会社の選び方について 翻訳会社には色々な特徴を持った業種が存在をしているため、用途に合わせて選ぶことが重要です。
例えば、翻訳したい内容によっても得意としている分野が異なりますから、事前にしっかりとチェックをすることが大切なのです。
とはいってもどうやって翻訳会社を選ぶのかわからない、という場合には、インターネットで検索をしましょう。その翻訳会社が何を得意としているのかを把握して、実績を確認した上で申し込みをするのが確実なのです。
翻訳会社によってもクオリティや値段には差がありますから、実際に翻訳をした文書を見せてもらうのも一つの方法でしょう。
せっかくお金を払って依頼をするのでしたらクオリティの高い方がいい、と考えるのはごく自然な流れですから、インターネットでしっかりと検索をすることが重要。あとから困らないためには、選び方の時点で慎重になることです。
選び方を間違えてしまうと後悔することにもつながりかねませんから、しっかりと行いましょう。

あまり知られていない翻訳会社の仕事内容

一般に翻訳と言えば文芸書など書店に並ぶ出版物を思い浮かべがちですが、翻訳会社が携わる分野は多岐にわたります。
前述の文芸分野のほか、IT、特許、医薬、金融、経済、法務などがあり、複数分野に対応している翻訳会社もあれば、1つの分野を専門的に取り扱う会社もあります。
翻訳業務に携わるのはコーディネーター、翻訳者、校正者、品質管理者です。コーディネーターは会社によってはプロジェクトマネージャーとも呼ばれ、主な仕事内容は受注から納品までのクライアントとのやり取り、翻訳指示書や用語集など翻訳作業にかかわる資料の作成、翻訳者と校正者のスケジュール管理と作業分配です。
コーディネーターが受注した案件は指示書に従って翻訳され、校正者(レビューアー、チェッカーとも呼ばれます)によるチェックが行われます。
多くの翻訳会社では、フリーランスの翻訳者と校正者を採用しています。その後、品質管理者によって、翻訳物の品質の最終チェックが行われます。
そして再びコーディネーターにより、翻訳物がクライアントに納品されます。
翻訳者以外の仕事内容は広く知られていませんが、翻訳業務の一連の流れを知っておくことは、今後仕事を依頼したい人にとっても翻訳者を目指す人にとっても有益です。

category

『翻訳 仕事』 最新ツイート

@nattchinanode

#連続テレビ小説「なっち」第18週 『戦場の黙示録』の字幕を担当して以降、仕事も順調な奈津子(満島ひかり)。 しかしキュービック監督の『ベトナムの弾丸』の翻訳を、監督の意向で降板させられてしまう。 ある日失意の奈津子の元に、以前通訳を担当したハリウッドスターのトムから電話が来る。

2時間前 - 2017年12月13日


@14mimi3

じゅんちんのインタビュー読みたさで翻訳。やったー、やりきった。こんな時間までなにしてんのよ私。明日も普通に仕事だよ。

2時間前 - 2017年12月13日