プランと作業マニュアル

翻訳料は翻訳会社と選ぶプランによって変動

翻訳会社のプラン 海外製のパソコンソフトやハードウェアを現場に導入したいが、大切なマニュアルや注意書きが全て英文で書かれている、こういった困りごとを抱える研究者や企業の現場責任者の方々は大変多いかもしれません。
そういったピンチの際は翻訳会社にお願いし、マニュアルと説明書、その他注意書きの書類等の翻訳を代行してもらいましょう。
かつては高額だった翻訳料も今では翻訳会社同士の競争が激化しているため、非常にコストパフォーマンスが良い価格帯に落ち着きました。また同じ翻訳会社でも、プランによって翻訳料が変動します。松竹梅ではありませんが、翻訳の質と翻訳料は比例しているのです。
とにかく内容さえ読めれば良い、という場合ならリーズナブルなプランがベスト、一文字あたり10円前後と掛かる料金が格安です。
一方で大事なソフトや機材なので完璧な和訳を依頼したい、という方々はハイクオリティ翻訳のプランを選びましょう。それだと一文字あたり15円から20円と少々高くなりますが、その分野に精通したプロやバイリンガルによる細かなチェックが受けられますので、いわゆる機械的な直訳が無くなり、とても読みやすい日本語のマニュアルが届けられます。

翻訳会社における作業マニュアルの利用とは?

翻訳会社でも、ソフトウェアの開発会社のように、作業マニュアルというものを利用している場合があります。
というのも、特に実務翻訳である場合には、用語の訳出方法などに一定の規約が設けられていたり、訳出用語の命名法が決められていたりする場合があるために、そうしたルールをマニュアル化しておくことで、そのルールにしたがった翻訳作業ができるようにする、という必要があるからなのです。
また、実際の翻訳作業というものは、一人の翻訳者が単独で行うものではなく、複数の翻訳者が共同して行う作業となっているために、その訳文の書式や品質を一定のものに保つという必要がありますから、そのためにも、翻訳ルールというものを設けておいて、それをマニュアル化しておく、ということがどうしても必要になってくるのです。
翻訳会社がみなこうしたマニュアルで仕事をしている、とは限らないのですが、翻訳という作業も今ではコンピューター上で行うのが当り前となっているために、訳文の書式や品質の標準化というものがしやすくなっていることもあって、そうした標準化の要求が強くなっている、ということは確かでしょう。

category

『翻訳会社 プラン』 最新ツイート

@trivector_jp

Web広告代理店、Web制作会社のための「SNS向けクリエイティブ翻訳プラン」 https://t.co/msxPrNn7hS

1日前 - 2018年06月19日


@trivector_jp

Web制作会社、広告代理店向け「コンテンツ向けクリエイティブ翻訳プラン」 https://t.co/4qZPkFPzM2

1日前 - 2018年06月18日


@trivector_jp

Web広告代理店、Web制作会社のための「SNS向けクリエイティブ翻訳プラン」 https://t.co/msxPrNn7hS

2日前 - 2018年06月17日