翻訳会社の特性と通信教育

翻訳会社の特性を知って仕事依頼する

翻訳会社は、言語を日本語に、日本語を対象となる言語に訳してまとめることを業務とするプロです。もっとも多いのは英語の翻訳で英語翻訳のできるスタッフが多いのも現状です。
英語を日本語に訳するまたは日本語を英語に訳するスキルは高いのは当然ですが、忘れてはならないのは、その翻訳会社の翻訳スタッフが翻訳対象となる分野についてどの程度の知識がもっているかです。
翻訳というのは、単に文学的なものだけではなく、経済、法務、科学技術に関するものがありむしろこれらの分野のものの方が多いです。この分野の知識が高くないと、英語のスキルから直訳はできても意訳はできないので、翻訳対象物として役に立たないことがあります。 翻訳会社の特性 しっかりした概念を知らないと意味のとおる翻訳はできません。
ですので仕事の依頼する場合には、翻訳会社の実績や強み、たとえば稀少な言語の翻訳をするとかなどよく吟味したうえで依頼したほうがいいです。
こちらの求めているクオリティを出すだけのスタッフがいることを確認しておかないと、高い手数料を取られたうえにあまり役に立たない対象物ができることにもなりますので、翻訳を依頼するということは海外へのビジネス展開などを想定している時、その翻訳対象物は重要ですので熟慮して選ぶべきです。

人気の翻訳会社の通信教育に見られる独自性

翻訳スキルを磨く手順はある程度確立されていますから、通信教育の内容には翻訳会社独自が蓄積したノウハウを凝縮させることによって独自性が出ます。
その一方、受講者の能力向上だけに着目しているとリピーター獲得にはつながりません。興味を持ってもらえる読み物を通信教育で提供している翻訳会社は、高い人気を誇っています。
通信教育の対象となっている言語が主に使われている地域にはどのような文化が根づいているのかについてまとめたコラムは、受講者が高い関心を示します。ゆくゆくは一人前の翻訳家として活躍し始めることになりますから、豆知識として外国の文化を知っておくに越したことはありません。
しかしながら、翻訳会社から提供される種々の教材に目を通したり課題に取り組んだりしていると他の勉強にまで手が回らない可能性があります。
そんなときに興味深いコラムが翻訳会社から送付されれば、受講者は勉強の合間に閲読し始めます。結果として通信教育で得たスキルと組み合わせられる豆知識を受講者は知り、なおかつ息抜きの効果もあります。
翻訳技術だけに特化していない内容は、多くの受講者から有り難いと感じられるようになり受講を継続してくれやすくなります。

おすすめ「翻訳」関連リンク

各種専門分野に精通した翻訳者を日本国内外に2,000名以上確保している翻訳会社

翻訳会社

category

『翻訳会社 通信』 最新ツイート

@3838_blueseal

一課題が200w/回程度で1万円取るような通信講座なら、課題を自分で探して翻訳、レベルの高い翻訳会社に校正に出した方がCPが高い...というのもわからないではない。

9日前 - 2017年11月15日